読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spica.

あの輝きに近づきたい、ふれてみたい、包まれたいよ

『NOOK IN THE BRAIN』感想など

 

NOOK IN THE BRAIN (初回限定盤(CD+DVD))

NOOK IN THE BRAIN (初回限定盤(CD+DVD))

 

待ちわびた『NOOK IN THE BRAIN』ずーっと聴いています。

『TRIAL』 に並ぶ(は言い過ぎかなぁ。笑)お気に入りな一枚です。
 まだまだ自分の脳のすみっこにあるはずの引き出しを開けて
新しい自分に会っていきたいと思えました。
 
それぞれの曲で軽く感想をつらつらと綴ります。
 
1. Envy
一発目に相応しいとっても格好良い曲!
ギターのビリビリした感じ?ノイズなどもぞくぞくさせます。
ライブの入りにもぴったりだと思います。
 
2. 王様になれ
「日常の迷宮を~」の部分のリズムの取り方がすきです。
 メロディも歌詞もずっと脳内でリピートされてます。
 
「脳細胞の支配下で世界を創れ 王様になれ」という歌詞からも、
ラジオで『王様になれ』が NOOK の核になっていると
さわおさんが仰っていた所以が分かる気がします。 
 
3. Hang a vulture!
んーーー!かっこいい!!ライブで聴くのが楽しみ。
ラジオで流れていたときに、家族もかっこいいって言ってたのが印象的。
『Hang a Vulture!』から『Coooming Sooon』の流れ、いい。
 
4. パーフェクト・アイディア
イントロからテンションが上がります~~!
ライブでも盛り上がる、引っ張る一曲になるんだろうな。
 
正しいと思い込んでいた道と違っていても
それはそれで楽しんじゃおうって気楽になれます。
誰しもが、何者にもなれるんだなって。
 
5. Coooming sooon
言葉選びが楽しいテンポの良い一曲。こんな風に韻を踏めるのすごいな。
 
しかし突如TLに現れた中川家・礼二のせいで、聴く度に礼二が出てきます。笑
礼二こそ脳のすみっこに仕舞っておきたいものです..。
 
6. She looks like new-born baby
「Throw away a rule book.」とか、音の凝り方がピロウズらしいと感じます。
 
7. pulse
松明と書いてたいまつ、という響きがすでにきれい
きっと松明や蝋燭は、自分の身を燃やして輝くからこそ美しいんですよね。
わたしはそんな風に生きられてるかしら。
力強いさわおさんの声と音。心を強く揺さぶられます。
 
8. ジェラニ
NOOK の中でいちばん好きです。きゅんってなるし、
さわおさんの声にも癒されて、まるで満点の星空の下にいるみたい。
頑張っていても辛いとき、涙がこぼれても、優しい気持ちになれそうです。
不器用でも優しく、そっと背中を押してくれる一曲。
わたしもきれいな星を見に行きたいな。足摺岬でみた天の川が忘れられない。
 
9. BE WILD
登坂選手に宛てた曲、直向きに何かに打ち込む人を鼓舞する一曲になっています。
お仕事で壁にぶつかっても、また頑張ろうって思えます。
元気づけられる曲ですが「汗をかいてない外野席」とか、ピロウズらしいです。
ライブで「Be Wild !」って言うのが楽しみ。
 
10. Where do I go?
最後に「By the way,  Where do I go ?」で締めくくられるのが、
なんかいいなって思うんです。
引き出しをあけてみつけた新しい自分で、さぁどこへ行こっか?みたいな。
 
最後に・・・
なんだか、語りかけられるように感じる曲が多いような。何となくやけど。
さわおさんが「今までは『君』という歌詞は自分を含むことが多かったけど、
今回は相手という意味の『君』が強い」と仰っていたからかな。
 
さわおさんの言葉を借りるなら・・・
努力で解決できない、コントロールできないことなど
自分が抗えないゆううつに、どう向き合うかという
答えがこのアルバムに詰まっているように感じています。
 
まだ発売されて間もないけど、これからもっと聴き込んでいくと
また違う見方ができそうです。
いずれにせよ、どの曲も全部全部わたしの宝物になりました。
今のわたしは、すみっこといわず脳のほとんどがピロウズです。笑